2011年01月04日

任天堂の復活劇

日本が誇るゲームメーカーといえば任天堂です☆


SONYとのゲーム業界での覇権を争った戦いは
見ていてハラハラしますね。


一時期プレイステーションの台頭でトップの座を奪われましたが
SONYがグラフィックなどに重点を置く一方で任天堂は、
だれでも遊べるゲーム作りに注力してきたと思います。

複雑なものより、より簡単なゲームを作る

SONYとはま逆の事をやったんです。
まさに対極。



そこで出たのが任天堂DSやwiiです。


DSの2画面のタッチ画面が画期的です。ソフト側もそれを生かした
ゲームソフトがたくさん出ました。



画面をタッチするといったシンプルなアクションが
幅広い年代にうけた証拠です。



wiiでもそうです。
シンプルでわかりやすく身体を動かす運動なのが取り入れられて
老若男女に至るまでできる内容になっている
これまた大ヒットしてますよね



健康ブームも重なって、スポーツ系のゲームやダイエット系のゲームも
出ています。さすがヒットメーカーの任天堂さんです。
2011年に任天堂3DSも発売されますし楽しみがいっぱいです♪


今度のSONYのターンが楽しみです 笑



それでは〜



関連ブログ



タイトーなど業務用ゲーム機メーカー 低コスト型投入 市場て.../ア大会テコンドー失格の台湾選手、出場停止3か月(聯合ニュース)/【超豪華福袋2009】カラオケJOYSOUND パッケージ版入り合計4.../file.no-100 『KINGDOM HEARTS ?』 parte3/GREEから謝罪のメールが!+1500G/eライフ 夢見工房/タイトルを記入/携帯電話クリック保証&アフィリエイト広告サービスCAS - 広告.../すごい時間の無駄遣い。Webページを破壊するブラウザゲーム/ダークライ(ポケモン)/<ニンテンドー3DS>発表会会場で体験 手軽に3D体感も個人差 普.../あけましておめでとうございます/銘柄パトロール(3):楽天、任天堂、フコク、マネックスGなど/任天堂ニンテンドー3DS勧告。6歳以下使用は控えるように危機.../今年のお正月/スタートなのだ。
【関連する記事】
posted by がみ at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。