2014年02月11日

エストロゲンよ、過剰分泌したまえ笑


胸の大きさについて考えてみました


いまではたくさんのコンプレックス解消法があります。

女性の胸の大きさもその一つです。


マッサージをする・鶏肉を食べる・きなこを食べる・キャベツを食べる・豆乳を飲む・矯正下着をつける・豊胸手術をする

などなど、今考えてみただけでもこれだけの豊胸法が出ました。


でも、これらに本当に効果があるなら悩んでいる人はいませんよね

そう、答えは簡単です。実際は効果がないからです

正確にいうと効果のないものが含まれているからです。


個人的には一時期はやったバストアップパッド・矯正下着・育乳です

あの手のもの本当に効果がないと思っています。非常にアコギな商売です

バストは女性のホルモン量できまりますから、外部のからの干渉で変わるはずがありません
形が整うなどの効果はあるとしても、大きくなるなんて笑っちゃいます。


大事なのは女性ホルモンの一種のエストロゲンです。

バストアップを願うならエストロゲンを増やす事に念頭において考えなくてはいけません

胸を大きくする方法でもうひとつあるのがマッサージや筋トレです。
これは効果があると思っています

それは人間の大胸筋という部分です

大胸筋は胸を支える部分です。この筋肉が弱まると垂れたり、ハリが失われます

この大胸筋を鍛えることがバストアップにつながる

これは理にかなったことで非常に有効な手段だと思います


一応、胸の大きい人にも悩みがあるそうです
私の友人で胸の大きい子がいますが、

ブラのワイヤー部分がかゆい・谷間に汗をかく・谷間が蒸れるといつも嘆いています。

いっそのことなくなってしまえばいいとさえ言っています

まぁなくなってしまえばかゆいとは思いませんもんね。


たしかにスポーツマンの女子には不要かもしれません

弓道でも邪魔とか聞きますし、水泳なんかもそうですね。

でもそれは短い現役生活の時であって、いずれは必要な器官ですので大事に扱っていただきたいです

【関連する記事】
posted by がみ at 16:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。